株式投資をもっと身近に - 株式会社ストックゲート

会員サイトログイン

横山利香のスイングトレード入門講座

2016/05/17 更新

第5回 トレンドにあわせて順張りと逆張りを使い分けよう!

スイングトレードでは、株価が上昇もしくは下落する動きに合わせて、数週間、数カ月程度で取引を行います。

 

株価の動きに合わせて株を取引する方法には「順張り」「逆張り」の二種類があります。選ぶ方法によって投資スタンスは変わりますから、自分の投資スタイルに合った方を選んで取引を行いましょう。

 

そこで、今回はトレンドに合わせてスイングトレードを行うための取引方法である「順張り」と「逆張り」について解説します。

 

順張りとは、株価はこれから高くなる、つまり上昇トレンドにあると予測する場合に、株価の上昇トレンドに合わせて株を買う取引のことです。

 

例えば、2013年初めに1万円程度だった日経平均株価は、2015年には2万円程度まで株価が上昇しました。株価は上昇トレンドになりますから、投資戦略としては順張りとなり、株を買う取引になります。

 

順張りの取引方法として代表的なものには、「押し目買い」があります。押し目買いは、株価の上昇トレンドが続くと予測して、株価が安くなったタイミングで株を買う方法です。株価の上昇基調が続けば基本的に買えば儲かりますので、比較的儲けやすい取引方法だと言われています。

 

20160517_nikkei

 

一方、逆張りとは、株価のトレンドに逆らって、つまり株価が下落トレンドにあったとしても、短期的な上昇が期待できる場合に株を買う取引方法になります。

 

例えば、2015年に2万円台だった日経平均株価が2016年には16000円程度まで値下がりしています。株価は下落トレンドになりますが、毎日下落しているわけではありません。下がり過ぎれば急反発するタイミングもありますから、その反発を狙って株を買う取引方法が逆張りとなります。

 

株価が下落トレンド中の逆張りでは、株価が一時的に反発して高くなるタイミングを狙います。なぜなら、下落トレンドが続いてしまうと、安く買っても再び値下がりしてしまうからです。売りタイミングを逃してしまうと、買った時よりもさらに株価が下落してしまう可能性もあり、損失を被る確率が高くなります。上昇トレンドで株を買う順張りに比べると、下落トレンドで株を買う逆張りは難しい取引方法と言われます。

 

20170517_nikkei2

 

ただし、株価のトレンドは変化するので注意が必要です。例えば、上昇トレンドにあった株価でも、決算の下方修正の発表を受けて、下落トレンドに変化してしまうこともあります。上昇トレンド中の押し目を予測して安いときに買っても、そこから下落トレンドに転換してしまうこともありまから、株価のトレンドに変化が生じていないか、常に確認することが大切です。

 

次回は、売買タイミングを考えるときの参考になる「グランビルの法則」について解説します。

 

★公式サイト【横山利香の資産運用コンシェルジュ】

http://yokoyamarika.com/

0001

 

 

銘柄推奨会員
プレミアム限定会員
無料メールマガジンの申し込みはこちら
金融商品取引業者登録証
Twitterアカウント Facebookアカウント