株式投資をもっと身近に! 株式会社ストックゲート

株式会社ストックゲート

時々刻々マーケットの旬な話題

2018/01/12 更新

ビットコイン乱高下 米SECが懸念表明

ビットコイン乱高下 米SECが懸念表明

 

わずか1年間で十数倍に値上がりし、乱高下を繰り返している仮想通過「ビットコイン」(BTC)。

 

昨年末には一時1ビットコイン200万円を突破し、更なる価格上昇を予測する声も上がっていますが、年明けには軒並み大きく値を下げるなど乱高下が続いています。(1月12日現在約173万円)

 

ビットコインの先物が上場して約1か月経ち、金融業界ではこれを機に相場の乱高下にも収まりを見せ、ETFのような別の関連商品の市場が開かれるとの期待もありました。

 

ところが米国証券取引委員会(SEC)の「裏付け資産の流動性や安全性」を巡り懸念を表明したため、ビットコインの米上場投資信託(ETF)の上場を申請していた4社が申請を取り下げました。

 

先物上場で期待の高まったビットコインETFにSECが依然、懐疑的であることが明確になり「待った」がかかった状態です。

 

アジア圏でも中国では仮想通貨のマイニング(採掘)が規制されるとの報道や、韓国では仮想通貨の取引禁止法案の話まででてきており、今後のビットコイン相場には充分注意が必要です。

 

ビットコイン革命に新風が吹くのはまだまだ時間がかかるかもしれません。

 

最近の記事

ホームへ

日銀ETF買入れ予想

日銀のETF買入れ期待率
過去の統計データを元に「日本銀行による後場のETF買いを予測するための参考データ表」を公開しています。

金融商品取引業者登録証