株式投資をもっと身近に! 株式会社ストックゲート

株式会社ストックゲート

は行

2015/08/05 更新

PER(ぴーいーあーる)

PER(Prise Earnings Ratio)とは、日本語では株価収益率といい、株価の割安・割高を評価する際に使われる代表的な指標の一つです。

計算式は以下の通りです。

株価が1000円で一株当たり利益が100円なら、その銘柄のPERは10倍となります。
投資家はPERの倍率をみて、「割高・割安」を判断することが多いのですが、PERは会社の規模や将来の利益は考慮していませんので、一概にPERが高いから割高と決めつけてはいけません(その反対も然りです)。

例えば、新興市場など比較的小規模な会社の場合、大きなヒット商品が出て、短期間に業績が様変わりすることがあったるため、PERが100倍を超えても買われ続けたり、反対に市場の拡大が期待しにくい業種などは、相対的にPERが低いまま放置されるものも見受けられます。そのためPER15倍は割安とか50倍は割高といったように数値のみで線引きするのではなく、業種や個別銘柄ごとに判断することが必要になります。

個別銘柄をPERで割高・割安を判断する場合には、その銘柄の過去のPERの推移や同業他社(同規模の銘柄)の水準なども考慮して、割高・割安を判断すると良いと思われます。
 

一株当たり利益は何を基準するのか?
一株当たり利益の「利益」は、純利益を使います。そして純利益を発行済み株式数で割ると一株当たり利益が計算できます。

企業の手元資金の活用方法として「自社株買い」が盛んになったこともあって、現在では「発行済み株式数から自社株を除いて」一株当たり利益利益を計算する方法が一般的となっているようです。一般的となっているようです。

 

株用語集「は行」

  • ボリンジャーバンド
    ボリンジャーバンドとは、移動平均線と標準偏差で構成されているテクニカル指標で、順張りにも逆張りにも使...

  • 補正予算
    年度途中に、「当初予算」を文字通り補う形で組まれる予算。「補正予算」は著しい社会情勢の変化や突発的な...

  • バイアス
    バイアスとは、株式投資でしばしば失敗する原因になる、投資家心理を表す言葉として覚えておくと良い言葉で...

  • PER(ぴーいーあーる)
    PER(Prise Earnings Ratio)とは、日本語では株価収益率といい、株価の割安・割高...

  • 踏み上げ、踏み上げ相場
    踏み上げとは、価格下落を予想して売りから入った投資家(売り方)が、予想に反して相場が上昇したため、損...

  • 節目
    節目とは、市場に参加している投資家が株価が反転しやすいと意識する株価水準のことを指します。 言い換え...

  • 日柄調整
    日柄調整とは、時間が経過することによって、再び上がりやすくなるという意味です。 株価が上昇すると、安...

  • 配当利回り
    配当利回りとは、その株を買ったときにもらえる配当金を年率換算した指標です。 株を買うと、その企業の配...

ホームへ

日銀ETF買入れ予想

日銀のETF買入れ期待率
過去の統計データを元に「日本銀行による後場のETF買いを予測するための参考データ表」を公開しています。

金融商品取引業者登録証