株式投資をもっと身近に! 株式会社ストックゲート

株式会社ストックゲート

会員サイトログイン

推奨銘柄振り返りレポート

2017/08/07 更新

ラウンドワン 4680 の振り返り(推奨者 市原)

★日足チャート

上記のチャートは、SGチャートに移動平均線4本(5日、20日、40日、60日)と期間波動(8日)、下段にスローストキャスティクスを表示したものです。

高値からのダウントレンドラインを抜ける陽線出現から、翌日の寄り付きを買いタイミングとしました。終わってから見ると、三角保ち合い離れにうまく乗れたと思います。

目標の1200円もうまくいってくれました。目標設定については、この銘柄の過去の上昇波動を目安に確実に売れそうな節目を設定しました。

1200円到達後は調整していますが、上昇トレンドラインが生きていると思われるので、調整から反転のタイミングがあれば、再度トライできると思われます。
 

ラウンドワン 4680 の推奨解説(推奨者 市原)

市場:東証1部
業種:サービス

売買戦略 年初来高値更新後の押し反転狙い
想定期間 1ヶ月程度

★銘柄の特徴と推奨する理由

ボーリング場を中心にした複合レジャーを手がける企業です。テレビコマーシャルを頻繁に行っているので、知名度は高いと思います。

お勧めする理由は、昨年来の高値を更新してから1ヶ月強の調整から出直りの兆しが見られていることです。

先週末に、6月の既存店売上高が2ヶ月ぶりに前年を上回ったと発表したことをきっかけに、出来高急増を伴った大陽線をつけました。

5月30日に1158円の高値をつけてから約1ヶ月半の調整で1000円割れ目前まで調整していたのですが、この大陽線が調整完了から反転の兆しになりそうです。

5月の1158円は昨年来高値であるとともに、2008年以来の高値を更新した水準です。

2009年以降、1000円台が高値の大きな壁になっていた銘柄ですから、高値で戻り売りが出にくく、需給がよい点も注目した理由です。
 

★月足チャート

長期の傾向として月足チャートを掲載しました。

左端が2008年のリーマンショックの暴落です。その後の株価が500円割れが安値で、1000円までの往来が続いているとわかると思います。

5月につけた高値はリーマンショック目前以来ですから、10年弱の長期保ち合いを抜けた状態と考えられるので、新しい相場展開に入っていると思われます。
 

★日足チャート

上記のチャートは、SGチャートに移動平均線4本(5日、20日、40日、60日)と期間波動(8日)、下段にスローストキャスティクスを表示したものです。

ポイントは、出来高倍増の大陽線で5月高値からのダウントレンドを抜け始めていることとと、ストキャスの売られ過ぎからの反転です。

ともに調整完了を示すサインと考えられ、出来高急増も加わっているため、信頼度は高そうです。

反転した場合、5月高値の1158円が最初の目標になるのですが、先週末の終値1079円からだと値幅はそれほどありません。

一方、今年の上昇トレンド中に高値を切り上げたときの期間波動は、15.4%、19.3%、25.1%です。平均すると19%程度なので、7月5日の安値1032円からだと1228円が19%の上昇になります。

そこで、反転上昇した場合、過去の上昇波動を参考に目標を1200円に設定します。

ロスカットは、先週末の大陽線から反転に入る想定なので、先週の安値である1032円を割れたら想定の動きではなかったと考えて、1030円に設定します。

ただし、心理的な節目の1000円が強そうですから、余裕を持つのであれば、1000円割れを目処にしてください。
 

買い参考価格
10日 寄り付き

目標株価
1200円

撤退ポイント
1030円
 

執筆者:市原義明

もっと見る(トップへ)

銘柄推奨会員
プレミアム限定会員
無料メールマガジンの申し込みはこちら
金融商品取引業者登録証
Twitterアカウント Facebookアカウント